はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

Native instrumentsのMacOS対応

Native instrumentsは素晴らしい音楽ソフトや音源やハード機器をリリースしている会社で最近になってようやく自分も制作環境に取り入れた次第であります。

頻繁にソフトウェアが更新されているようなので、アップデートしてみたら全然動かないっていうことがあります。時にはダウンロード出来ないことも。
備忘録というか自分が忘れないために、現行のNative InstrumentsMacのOS対応をここにメモしておく。適宜更新していく。
(2017年12月18日現在)
現在のところざっくりと言ってみると、全てのソフトウェアが、MacのOS El Capitan以上のOSにしか対応していない。El Capitanじゃないとダウンロードすら出来ない。Native AccessMacのOSのyosemiteでもダウンロード出来るのだが、肝心のソフト達がEl Capitan以上のOSでしかダウンロードできない。Native InstrumentsのサイトにOS対応表があるのだが、スマホでは見づらいけど(デスクトップではスパッとわかる)、全ての最新アップデート版は上記のようにEl Capitan以上じゃないといけないから注意が必要。
そして一度アップデートしてしまうとダウングレード出来ない。そこにも注意が必要。最新アップデートは頻繁に行われているようなので、チェックしていくことも大切ではあるが、そのアップデート版の対応しているOSに注意をしなければいけない。MacのOSをアップデートしたと同時に、Native Instrumentsのソフトウェアも更新する必要があるが、ダウングレードは出来ないから、MacのOSをダウングレードしたりリセットしたあとにNative Instrumentsを使えなくなる可能性がある。そうなってしまったのは自分自身だからそれを忘れないためにこのブログを書いている(笑)
今のところ最新(2017年12月18日現在)のOSである、macOSX Hi Sierraは私が調べてみたらネット上にも不具合が報告される記事がたくさんあった。まだまだ対応していないソフトウェアも多いのが現状だ。だけどアップルの人達も一生懸命に頑張っていると思うので、今後の改善を期待している。あとはコンピューターを使う側の人間、まさに私のことだけれども、私もきちんとメーカーのアップデートや時代の流れに乗っていかないといけないなと思う。僕は気に入ったOSと出会えば、ずっとそのままにして何年もたってから、もう使えなくなりますよと言われていつも慌てているので(笑)