はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

今日もMacのリカバリー

macOS high Sierraが不具合を引き起こしまくっていたので、先週末からコンピュータを出荷時の状態に戻してリカバリーしている。元のOSはMavericksでそこからまた順番にOSをアップデートしていき、El Capitanまでアップデートした。今後しばらくはOSをアップデートしないが、各ソフトウェアメーカーのmacOS high Sierraへの対応など様子を見つつ、アップデートするかどうかは決めたい。コンピュータをリセットして復旧するのに膨大な時間がかかっているのだが(現在も進行中)、今になって思えばリセットしてよかったと思っている。理由はいくつかあるのだが、まず第一に心も気分もとてもすっきりした。先週までもうちのMac君はハードディスクもデスクトップもごちゃごちゃしていたし、整理しようと思いつつも時間ばかりが過ぎて、締め切りにも追われまくっていてとうとう年末を迎えてしまっていた。パソコンのハードディスクもデスクトップもすっからかんで真っ白になってしまったけど、またゼロからの再スタートな感じでとても清々しい。なんていうのだろう、逆断捨離とでもいうのだろうか。(笑)全てを捨ててしまってから、本当に今自分が必要としているものだけを再構築していく作業は時間がかかっているが、気分が悪いものではない。

そして音楽人としての自分を見直すいい機会になった。自分はコンピュータなしでは音楽を作ることが出来なくなりそうになっていた。DTMDAWといった環境は重要で、今後とも自分の音楽を構築していく上で欠かすことのできないものではあるのは事実だ。だがしかしもっと根本的に大事なことを見つめ直すことができた。もっとアコースティックの楽器に触れたりしないといけない。アコースティックの感触を忘れてはならない。ここでいうアコースティックとは楽器も含めたあらゆるアナログの音楽ツールのことを指している。手書きの楽譜や鉛筆、アップライトピアノを弾いた時の響き、アコースティックギターの鳴り、人の声、歌などはずっと色褪せさせないで自分の根っこの部分に持っておかないといけない。自分の音楽はアコースティックとは切り離せない。
手書きで譜面を書きまくったことは、いつぶりだろうか?昔は譜面を書きまくっていた時期があった。面倒くさいけど一生懸命に耳コピしていた。いつからパッパパッパとコンピュータの画面を見ながら打ち込みまくるようになったんだろう。譜面を書かなくなってから行き詰まり始めた気もする。これからはアナログな部分も持ちつつ、手書きで譜面を書いたりしながらうまくDTMDAWと付き合っていきたいものだ。