はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

EI Capitan上でcubase7.5

Macリカバリーも終わり、EI Capitan環境でcubase7.5を使用している。現在のところcubase7.5はyosemiteまでのサポートのようである。それはもう時の流れというか時代の流れなので仕方ないだろう。新しいcubase9の購入を現在検討している。かといってすぐに導入するわけでもなくまだ様子を見ているところだ。先日に発覚したEl Capitan上でのcubase7.5の不具合はひとまず解消した。メーカーサイトでアップロードされているcubase7.5の最新バージョンにアップデートしたところ、midiのプログラミング時にベロシティをいじろうとしたり、optionキーを押すとバグが発生して画面が一瞬だけ白く飛ぶことはなくなったし、訳のわからないタイミングでいきなりアプリケーションが落ちてしまうということもなくなった。ただずっとひとつのプロジェクトを開いて編集作業をしていたあとに、プロジェクトを閉じるボタンを押したりショートカット操作をするとcubase自体も一緒に終了してしまうのだ。作業内容やファイルの保存には何も問題ないのでまぁこれはこれでOKなんだけれども、次にcubaseを開いた時には、最近使用したプロジェクト欄に保存されているはずのファイルが表示されていないのである。ファイル自体はMacのハードディスク上に存在しているので、開くというコマンドを実行すれば問題なく開くことができるけども、これまでずっと最近使用したプロジェクト欄からファイルを開く方式をとっていたので(このシステムは一気にファイルを俯瞰出来るのでものすごく便利)、なかなか慣れない(笑)結局慣れの問題なのかもしれないし、iMac君が「新しいcubase入れてくれ~」と叫んでいるのかもしれない。今使っているcubase7.5でもう充分すぎるほど満足しているので、当分は変えるつもりはないし、DAW自体を見直す状況まで来ているのかもしれない。最近ではStudio Oneに移行している人も増えているし、これまで定番とされていた音楽制作ソフトウェアを使う必要もなくなってきているのかなと思う。僕自身もcubaseの他にAbleton Liveも使っているので、cubase使いとは言い切れなくもなってきている。音楽を作るときの楽しさはAbleton Liveのほうが大きいかもしれない。ミックスをしてて楽しいのはcubase。どちらのソフトもいいところ取りして音楽制作を行っているわけなのだけれども。音もグルーヴも作っていく環境も楽しいのはAbleton Liveの方かな。ただcubaseミックスコンソールという機能は非常に素晴らしい。この機能あるかないかで作業の効率も全然変わるし、作業の効率が良くなれば使える時間も増えるので、ミックスにたくさんの労力を割くことが出来る。ここまで書いてきて結論出たけど、両方のDAWを使って音楽制作を楽しめばいいのだ。