はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

今年はデモ楽曲をたくさん作った。

学生時代はギターをやっていて音楽活動をしていた。レコーディングやアーティストのサポートなど色々と関わらせていただいた。20代半ばを過ぎて、ギターを弾かなくなりました。事実上の引退。それから底辺のアルバイトをしていた時期が続く。2014年から音楽ユニットに参加し、再びギターを弾くことに。そのユニットでラジオなどに出させていただいたり、色んな式典にも演奏させていただく機会をいただいたりした。色々とライブをこなしてきたが、ボーカルの人間が突如活動停止。2年間ほど音沙汰なく、私は何も音楽活動出来なくなり空白の日々を送ることになった。ほんとに2年間以上何も音楽することなく過ごしており、このまま音楽やめるかどうしようかと考えているうちに、いや辞めずに音楽を続けようと思い、作曲を始めた。自分の作った曲をyoutubeにアップロードしたり、自分で作った曲を歌うためにボイストレーニングをしたりした。人前でギター弾き語りすることにもチャレンジして新しい音楽活動を始めることとなった。少しずつ音楽活動が充実してきたという実感があった。そんな時、ひょんなきっかけで自分のデモ楽曲を音楽制作プロダクションの方に聴いていただくことになった。そうしたらトライアル審査を受けてみないかという話になり、受けてみますと答え、なかなかカツカツの締め切りスケジュールの中で曲を提出したところ、合格そして契約という流れになった。東京の会社だった。(私は大阪人)率直に言うと驚いたし、ワクワクもした。
メジャーの楽曲コンペに参加してみないかと言われ、今もデモ楽曲を制作している。自分の憧れのアーティストさんの楽曲コンペに自分のデモ楽曲を提出出来るなんて、空白の日々を送っていた時には思いもしなかった。もう自分には音楽活動が出来ないなと思っていたし、自分で自分の才能を見限っていたからだ。だが今は全然違う状況にいる。すごくやりがいを感じている。
まだ契約させていただいて2カ月ほどではあるが、書いた曲は8曲、作詞した曲は4曲ほどだ。これまでにないほどのペースで曲を作っているし、事務所の基準からすればまだまだ少ないだろう。音楽業界的にはこれ以上の量を涼しい顔してこなさなければならないし、実際に活躍している作曲家やクリエイターはそうなのだろう。僕も少しずつであるが自分の作り方というものが見えてきているし、手応えも感じている。あとは事務所に愛想をつかされないようにスキルを上げていって、どんどんいい曲を書いていきたい。何よりも自分は今とても楽しんでいる。楽曲コンペにもどんどん曲を提出して、どんどん採用を勝ち取っていきたい。そうすれば空白の日々を送っていたことも意味があったといえる時がやってくるかもしれない。
とにかく楽しく曲を作ったり勉強したりしている。自分が歌うための曲を作りたいなという欲求も生まれているから自分の曲もいつになるかはわからないけど作る。自分の曲に関しては締め切りがないからいつ出来上がるかはわからないが(笑)