はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

すごいぞMelodyne

ずっとアップグレードもせず古いモデルのMelodyneというボーカルピッチの修正用のプラグインを年末に半額以下でアップグレードして、年明け早々使用してみてはいるが、ここまで進化しているとは思わなかった。まず自分が以前使っていたモデルでは単音のみの読み込みと修正だけの機能だったのが、ポリフォニックつまり和音を検知することが出来るようになっていることにまず驚きを隠せない(笑)もしやこの機能があれば耳コピで使えるかもと思い。耳コピで使ってみることにした。(おそらくこれは本来の使い方ではない。だがこのMelodyneを作ったメーカーはあとはユーザーの使い方にまかせるといっていたのでまぁ耳コピに使ったとしてもバチはあたらないだろう。)
試しに色んな音源を読み込んで使ってみる。使ってみた音源はピアノとボーカルのみのものやバンドサウンドのものなど多種多様に試してみた。
全ての音を検知するということは出来なかった。これが出来たら本当にすごいことになっているのだけれども(笑)もし出来ていたとしたらバンドスコアブックはいらない。オーケストラの譜面もいらない(笑)全て耳コピできるっていうわけにはいかなかった。
だがしかしとても感心したのは、コードは間違いなく拾うことができるということだ。これは非常にありがたい。曲で使われているコードさえ分かればそれぞれのパートの音も簡単に推測することが出来るからだ。耳コピでもっとも重要な作業はコード進行を間違えなく拾うことなのだ。ここまで拾うことが出来ればあとはもう自力でもそれほど難しくはない。なんならボイシングもある程度は拾ってくれているから自分で全ての音を採譜する必要はない。作業はとてつもなくはかどっているし、難しいと思えるコード進行もこのMelodyneをガイドにして自分で採譜して分析できることが本当に嬉しい。音感という才能を持った人間だけが音楽をやれるという時代はこれで本当に終わりを迎えつつあるといっても過言ではない。スティーリー・ダンの難しい曲のコードもMelodyneを使ってはいるが自分でなんとか拾える時がやってくると思うともうワクワクする。やっとなんかスタートラインに立てたような感覚でいる。
まだまだマニュアルを読み込めていないからMelodyneの機能は全然使いこなせてはいないけれども、このポリフォニック解析機能だけで充分に元はとれている。まだ全くボーカルピッチの編集作業はしていないが。(笑)