はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

和音って面白い

和音(ハーモニー)の面白さに最近ハマっている。同じメロディーであっても別のコードを当てはめることも出来るし、別のコードを当てはめると丸っきり印象が変わる。各年代にはトレンドともいえるコード進行があるし、ジャンルごとにもコード進行の決まりのようなもの、言い換えればジャンルによって適したコード進行がある。
いつも音楽を聴きながらジョギングしているが、その時に使っているウォークマンは父親から譲り受けたものだ。ソニーウォークマンで音質がよく非常に気に入っている。重宝している。
父親から譲り受けたものなので、父親が使っていたときに父がウォークマンに入れていた曲があって、せっかくなので普段自分では聴かないポップスが入っていたので聴いてみようと思った次第である。
父がウォークマンに入れていた音楽の中に、徳永英明さんのヴォーカリストというアルバムがあり、ミリオンセラーも記録しかつて流行していたアルバム。シリーズ化されていて、たくさんバージョンが出ている。
徳永英明さんのボーカルによるカバーアルバムで、選曲が素晴らしいし、徳永英明さんのボーカルも言うまでもないがやはり素晴らしい。原曲のメロディーの良さを活かしつつなおかつ徳永英明さんの解釈も入っていて、完全に完璧にカバーしているものすごくいい意味でえげつないアルバムである。参加しているミュージシャンも素晴らしく、トップミュージシャンによる演奏も楽しめるのが最高。
徳永英明さんのボーカルが取り上げられるのはもっともではあるが、収録されている曲のアレンジも素晴らしい。
原曲のメロディーのもつ雰囲気を壊すことなく、新たなコード進行が加えられている。それがなんとも心地いいのである。歌謡曲っぽい雰囲気を感じさせるコード進行のアレンジもあるし、ジャズテイスト満載のコード進行が加えられている曲もある。メロディーがなければ、もとの曲が分からないかもしれない。昭和の曲も入っているし、平成の曲も収録されているのが個人的には面白いと思った。JUJUさんの優しさで溢れるようには徳永英明さんにバッチリハマっているナイスな選曲。バックの演奏も最高。エブリリトルシングの曲も、私のようなドンピシャな世代にはたまらないし、感想のコード進行が原曲と丸っきり違うがうまく練られていると思う。間奏のあとに転調しなければならない構成なのであるがアレンジャーのオリジナリティを出しながらなおかつ原曲と同じように間奏のあとに転調させることが出来るスキルが素晴らしいし、間奏の今剛さんのギターがもうたまらない。お腹いっぱい。ミュージシャンのオリジナリティはメロディーや歌だけでなくコード感も重要なのだなと改めて気づかされるアルバムであった。やっぱり和音は面白い。