はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

米津玄師進化しすぎだろ

ようやく米津玄師さんの新作アルバム「BOOTLEG」を聴くことができた。とりあえず言えるのは進化しすぎ。進化ととらえるべきか変化ととらえるべきかどちらが正しいのかわからないが。僕としては進化としたというようにとらえようと思う。なぜなら誰が歌っても成立するメロディーを持った楽曲がたくさん収録されているからだ。菅田将暉さんとコラボレーションした楽曲「灰色と青」や、打ち上げ花火上から下から見るかというアニメーション映画の主題歌になった「打上花火」という楽曲は米津玄師さん以外がボーカルをとっている曲で、米津玄師本人が歌わなくても曲として成立していることからメロディーメイキングの進化が感じられる。これまでの作品はメロディーやコード進行で米津玄師節というのがアクセル全開で展開していた。普通の人間が歌うには米津玄師節は難しいと思っていたし、それが米津玄師さんのパーソナリティーや個性だと思っていた。その彼自身の世界観のファンでずっと追いかけてきた。
しかし今回のアルバムに収録されているのはこれまでの米津玄師節というのを踏襲しながらも上質な歌モノの曲たちが目立っている。誰でも歌える普遍的なメロディー、それを実現することがこのアルバムのテーマだと思う。
サウンドに関してはギターがアンサンブルの中心の曲が多くて、ギターポップに聴こえる曲が多い。僕のヒーローアカデミアの主題歌になっていた「ピースサイン」という曲がまさにそうかなと思う。こういう類いの曲ってこれまでの米津玄師作品にあっただろうかなと思うくらい疾走感のあるギターロック。あと「灰色と青」もかなりギターロックな曲でまさにオアシスを彷彿とさせるくらいのギターロックに仕上がっているという印象。
あと1曲目を聴いて、かなり洗練されたサウンドに仕上がっているなとおもった。なぜかというと、エレクトリックピアノがアンサンブルのなかに組み込まれていてそのコード感とドラムサウンドが相まって往年のソウルのようなもの感じたからだ。エレクトリックピアノの響きは僕にとってR&Bやジャズっぽさ、ひいてはブラックミュージックを連想する。それを米津玄師本人が意識していたということは分からないが、とても深い音楽性を感じる曲だった。これも進化だというようにとらえることが出来る。それでいてちゃんと歌モノとして仕上がっていることがすごい。結局最後に印象に残っているものは歌、いいかえればメロディーだからだ。
まだまだ聴き込んでいきたい。そうしたら感想も変わってくるだろう。
素晴らしい音楽アルバムをリアルタイムで聴ける幸せは何物にも代えがたいものだ。