はてなブログ初心者の成長日誌

はてなブログ初心者がもがきながら頑張っています。

WavesTuneを使う上での注意点備忘録

プラグイン備忘録。

Waves Tuneを使う上で忘れてはならないこと、それは修正を加えたいピッチを選択しないといくらパラメーターのノブを回しても全く意味がないということ。自分は何も分からずただパラメーターをいじったりしていた。グラフィカルモニターには、読み込まれて検出されたピッチとそのピッチカーブが映っていて、なおかつ元の音源のピッチカーブと修正されたあとのピッチカーブの両方がモニターには表示されているので、ピッチ修正は一見なされているようではあるが、聴覚上では何も変化はなくなんだこれはと思っていた。マニュアルをきちんと読んでいなかったからと言ってしまえばそれまでのことではあるのだが、マニュアルの導入部に書いていて欲しかった(笑)ただきちんと修正したい音を選択してパラメーターのノブをいじるときっちりと修正されるし、もとの音程のデータが常に表示されていて修正された音程やピッチカーブとリアルタイムで見比べながら作業できるので便利なピッチ修正用のプラグインであることは間違いない。ピッチ修正初心者やちょっとだけサクッと修正したいという用途にはうってつけのプラグインだといえるし、操作方法は主にノブを回すだけなのでとても簡単である。
Melodyneと比較してみると、ピッチ解析の能力は圧倒的にMelodyneの方が高いように思うし、ピッチの解析能力が高ければ高いほど音楽的な処理というのが可能になる。Melodyneの場合はそれぞれの音の音量を変更することが出来るので、ボーカルの小さな音は大きく出来るし、大きな音は小さく出来るので、コンプレッサーのようなダイナミクス系のエフェクターを使わなくてもとても自然なボーカルトラックを作ることが出来る。最近のMelodyneはさらに進化し、簡単なポリフォニック音源であれば和音の解析も可能になっているので、使用用途はボーカルに限られたものではなく、ピアノのサンプリング音源であったり、打楽器も編集可能で、持っていると重宝するプラグインであることは間違いない。
じゃあピッチ修正のソフトはMelodyneだけ持っていればいいじゃないかと思ってしまいがちだが、WavesTuneにも多大なるメリットがある。それはビブラートをかけることが出来るということだ。修正したい音にたいして自分の好みのビブラートをかけることができるのは画期的だ。Melodyneにはビブラートを書く機能はない。ボーカルトラックにとってビブラートはやはり重要で、きっちりとビブラートが効いている歌とそうでない歌とでは印象は雲泥の差、他の言い方をすれば月とすっぽんというかもうビブラートが自分で編集できるだけ本当にありがたい。ビブラートの幅も指定できるし、ビブラートがかかり始める時間も指定できるし、ビブラートに関して言えば、WavesTuneは至れり尽くせりな救世主。やっと使いこなせるようになってきた。